今こそウェブサイトを持つべき5つの理由

歯止めの効かない円安と、世界情勢の悪化で、私たちの経済環境は、史上例を見ないほどの大不況に陥っています。
そんな中、各企業様お店様は、出来得る限りの経費削減等、様々な対策を打っていらっしゃると思います。
しかし、ただ、頭を低くして、この大不景気の嵐が過ぎ去るのを待っていても、この嵐は、いつ終わりを迎えるのか、まったく予想のつかない最悪の状況となっています。
大規模な設備投資や大幅な人員増など到底不可能な現状の中、最も、効果的で、且つコストパフォーマンスに優れている打開策が、自前のウェブサイト(ホームページ)を持つことです。
その理由を以下に詳しく解説しておりますので、是非、最後までお読みいただき参考にしていただければと思います。

1.圧倒的な認知力!

2020年現在、我が国のインターネットの利用率は83.4%となっており、約1億人の人が利用していることになります。
これほどまで多くの人たちが利用している媒体を広告に利用しない手はないでしょう。
もちろん、自社や自店舗のウェブサイトを作ったからといって、この全ての人が閲覧する訳ではありませんが、仮に、0.1%の閲覧率だとしても10万人の人が閲覧することになるのです。0.01%でも1万人です。
これほど多くの人の目に触れさせることの出来る広告媒体は他にありません。

2.豊富な情報量で告知宣伝力を大幅アップ!

ウェブサイト(ホームページ)によって、告知宣伝出来る情報量は、ほんの数十秒で終わってしまうテレビCMの比ではありません。
企業様でしたら、経営理念や企業コンセプト、業務内容などを詳しく掲載出来ますし、お店様でしたら、取扱商品を画像付きで紹介出来ます。また、飲食店様でしたら、商品メニューを画像を付けて掲載することが出来ます。
閲覧者(お客様)が、今正に知りたい情報を、正しく的確にお伝えすることが出来るのが、ウェブサイト(ホームページ)です。

3.抜群のコストパフォーマンス!

広告宣伝媒体の王様は、ひと頃の全盛期ほどではないにしても、今も依然としてテレビCMです。
テレビの告知効果は抜群で、好むと好まなざるに関わらず、テレビを観ている視聴者全てに勝手に飛び込んで来ます。
しかし、その分、その費用は群を抜いて高く、ゴールデンタイムの番組スポンサーともなると、数千万円、場合によっては億単位の広告費がかかってしまいます。
その点、ウェブサイト(ホームページ)は、当社の最も廉価なパッケージですと、月額あたり、6,000円弱で済んでしまいます。
インターネットの普及率と、それに伴う閲覧者数を考えると、抜群のコストパフォーマンスと言えるでしょう。

4.お店様や企業様の信用力をアップ!

自前のウェブサイト(ホームページ)は、お客様に対する企業様やお店様の信用力を大幅に向上させます。
今や、老若男女を問わず、何かあったら、すぐに「google!」の時代です。
その検索結果で出て来たものを、無条件に受け入れる土壌が、出来上がってしまっているのです。
逆に言うと、そこに表示されて来ない、企業様お店様は、それだけで、お客様の信用を失いかねない。そういう時代に入っているのです。
また、金融機関の融資審査項目にも、「自前のサイト(ホームページ)を持っているか?」が、加えられているようです。
今や、自前のウェブサイト(ホームページ)がないと、金融機関からも、信用されにくい時代に入っているのです。

5.優秀な人材確保!

求職にもインターネットの波は押し寄せており、今や、求職者の過半数以上が、ネットからアルバイト・パートを探す時代に入っています。
八戸のような地方都市では、まだ、正社員の募集に関しては、職業安定所を通すケースが多いようですが、都市部では、既に、正社員もネットからという時代になっています。
ネットの求人サイトで職を探す人たちは、当然のごとく、次に、検索するのは、その企業、お店の公式ウェブサイト(ホームページ)です。
この時点で、公式サイトのない企業、お店は、彼らから敬遠されることになります。
今や、人材確保の面でも、自前のウェブサイト(ホームページ)は、なくてはならない時代なのです。